ご本人掲示板

[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


表示件数
[00252]一般的な摂食障害ではない私 返信 削除
投稿者:みんと
投稿日時:2019/02/19 17:26:51


専門学校中退後、人生初のアルバイト→女社長によるモラハラクからのクビ!(笑)→派遣社員として ほぼフルタイム→自分が傷つくのをおそれ元彼のせいにして楽しかったのにやめてしまい、その後もやったりやらなかったりで現在 無職の24歳です。
食事が思うようにいかなくなってしまったきっかけのようなものをまとめてみました。

■もともと少食で保育園時代から給食がしんどかった。「残しちゃダメ」がルールの時代。気にせず食べられていたのは家での ごはん、小学4年生の給食(男の先生で細かくなかった)、中学3年間の給食(2年間別室登校だったので超絶フリーダム。3年からクラスへ。居心地もよく1日も休まず。そのときも食べられるだけ食べてた。残してはダメという世間のルールが薄れてきていたのかもしれない。だから苦ではなかったし楽しかった)、高校3年間のお弁当。わりと悩まされたのは少ないと思うかもしれないけど、小学生時代は高学年で ちょっとした嫌がらせも受けていたため学校生活が長く感じた。自分から話しかけられなくて最初から少なく盛ってくれと頼めず、食べられなかったぶんを持って帰っていることも周囲にバレて、余計に自分を傷つけるはめに(笑) 母は、その持って帰ってくることに対して何も言わないでいてくれた。こんな むかしむかしの出来事が今さら影響してくるとは思えないんだけど...。
■乗り物酔いをするので酔い止め必須
■ナウゼリンは お守り
■風邪などはひかない。元々丈夫な体らしい。そのかわりに精神的なものに悩まされることが多くなった
■本当は美味しいものが大好きだと思う。食べ歩きとかは したいとは思わないけど、美味しそうなもの、からだによさそうなものも食べたいなぁとは思うしインスタTwitter写真にはイイネ連発しつつ、みんなこれだけ食べるんだ...多いな.....と辛くなる
■家族や友達とのおでかけ、デート、修学旅行など いざというときに吐き気や不安を覚えるのは嘔吐不安によるものだったのかも...と気づいたのは つい3年くらい前の話。それまで それなりに うまくやってきたんだろうし、少食なりに外食も多少なりともしてきた。某チェーン店のテキサスバーガーとかチキンナゲットとか とびきりバーガーシリーズとかドーナツとか食べてたんだもん。もちろん残すから定食や一人前は頼まないで小さいものをテイクアウトだし、その時は少ししか噛れなくてもね。高校のときは間食用に菓子パンとかお菓子も持っていったり、帰りにいろんなところに寄ってたべもの買っておやつというものを食べてたなぁ
■フリーターから無職になり生活にハリがなくなる
■スマホに変えてから自分の症状を検索してしまう癖がつき、いろんな不安が出始める


2017年春、体重を落とすのではく お腹の肉を引き締めることだけが目的で、軽い気持ちで無知のまま、それまで全く興味のなかった食事制限をはじめたら どんどん痩せていく。大好きなお菓子も菓子パンもカロリーを極度に気にして我慢し、ストレスでイライラ。今思えば偏食はここから始まったのかな...。夕飯では しらたきなどを食べ、野菜や鶏ささ身なども摂っていたつもりが微量だったことに気づく。
腹筋が割れてきて、これで丈の短いトップスを着て大好きなアーティストのライブに行ける!と思っていた。でもそれから少しして脚が細くなっていることに気づいた。が、でもまぁこのくらいなら大丈夫かと放っておいてしまった。腹筋が割れたように見えたのも痩せてきてしまっていたのが7割くらいだったのかもしれない。
けっきょく目的は果たしたので数ヶ月で筋トレは止めたものの、その後 冬場に自前の嘔吐不安がなぜか極度に悪化...。夕飯前に わりとガチな吐き気に襲われて、その時は お粥を作ってあったんだけど、消化にいいお粥で吐き気をもよおすなんて...!というところから始まったのかな...。久々に腹筋かなにかして負担をかけたせいだったような記憶があるけど、それから食事らしい ごはん、食卓を囲んで食べること自体がつらくなり、自室でひとりで食べるようになる。去年の夏を過ぎてから、盛り付けもタッパー、主食含めて二品が限度、たくさんお皿があるとあれもこれもと気持ち悪くなってくるようになってしまった。お菓子しか食べる気がおきず、もともと少食だけど それなりに健康で風邪も引かず楽しく過ごしていたが、仕事も辞めてしまった この4年で40`だった体重は31`まで落ち、プチ鬱気分を繰り返し、最終的には固形物すらも摂取するのが辛くなる。
去年の夏、熱中症の恐怖で食べなきゃバテるという、嘔吐不安よりも そっちのほうがこわくて少ないながらもコンクレバンを飲みながら食べられていたが去年の冬場からまた嘔吐不安が悪化していく。
あーこれ食べたいと思うものはあるのに、それが からだに悪いものをつかっているような菓子パンやお菓子なので少しでもいいものを...と思いながらも なかなかうまくいかずにいる。たまに我慢するときもある。けど最近はまた甘くなり、逃げてばかりいる。
食べなきゃ痩せてしまう死んでしまうという こわさ、おなかいっぱいになってしまったときの胃の不快感が嫌、次の食事に影響しちゃう心配と吐いてしまうのでは...という不安から満足に食事ができず、良いとき悪いときを繰り返し早4年目に突入。食べられても仏さんにあげるような量のため自分を責めてしまい、泣くこともしばしば。結果を焦り、無理矢理食べてしまったり、食べなきゃいけないのに食べる気が起きなくて お菓子に逃げて、食べられそうなもので消化にいいものをと家族とは別に作ってくれる母にも申し訳なくて、もうこのままずっと迷惑とお金ばかりかけて治そうともしないような私は死ねばいいと思うこともある。
本当に、一朝一夕では いかないし、それはわかってはいるつもりでも、なかなか思い通りにならず 2日にいっぺんは しんどいかもしれない。
精神科は数ヶ所 行ったものの私の考え方や性格に合わなかった。個人の病院では、「うちでは診られないから専門の大きなところへ行ったほうがいい」、食べられないから相談しに来てるのに「まずは睡眠から」と安定剤と睡眠薬をまるで風邪薬のように処方された。大きな病院へ行ったもの栄養指導では、「この食材を食事に取り入れたら良いよ」など具体的なアドバイスではなく、毎週毎週変わることのない無意味な体重測定と少しの話、もちろん気づきはあったかもしれないけど、「食べたいものを食べたいときに好きなだけ」という いかに素早く体重だけを増やすかだけに重点をおいた不健康なアドバイスしかされなかった。そういうのではない。それじゃけっきょくからだは悪くなる。体重だけが増えて、からだと心は離れ離れ。けっきょく漢方薬局に落ちついてコンクレバンをもらっている。飲まなかった時期を含めてだが半年ほど続けている。薬局まで出向きアドバイスをもらう。私の健康的に回復していきたいという考えと合っているの。でも私は頑固なので、1か100の考え方しかできないことが課題。
心配と迷惑ばかりかけても、それがたとえ気を使わせているとしても、支えてくれるmy bf、母、謝罪と感謝と謝罪しかない。
必ずなおるよ、げんきになるよ、大丈夫。を信じたい。でもなかなか気持ちが前に向かず、食べられず、体重減少の現実を突きつけられて泣く毎日。しぬのでないかとこわくてこわくてしかたないです。もう自分ではどうにもならないのでは、と入院前提で考えてしまってつらいです。死の危険、閉鎖病棟など、私には苦痛すぎます。家族とはなればなれになって閉じ込められるなんてたえられない。自分でなんとかしたい、でも...。って思ってしまいます。

(PC等)


[00251]Re:Re:長く、辛い摂食障害 返信 削除
投稿者:ミカン
投稿日時:2019/02/19 09:39:30

しーさん、ありがとうございます。
食べ過ぎることが出来たあなたは偉いという言葉すごく嬉しかったし、心が軽くなりました。

少しずつでも自分と向き合っていきたいです。


料理は好きなので今度母親と一緒にしてみます!

本当にありがとうございます!


(PC等)


[00250]Re:長く、辛い摂食障害 返信 削除
投稿者:しー
投稿日時:2019/02/15 21:57:53

はじめまして。辛かったんですね。
でも、食べ過ぎることができたあなた、えらい!
私は母に食べなさい、と言われたとき拒んで、同じ時期がありました。
自立する!と好きな人と同棲をはじめ、食事が楽しくなりました。
ただ、親から離れた後は彼が出張でいない時期、1日が長く辛かった。
しかも、料理もしなくなりました。
なら甘いものを食べたい、と夜中にコンビニにいったものの…
たいしたものは買わず…眠れないまま。
その時、再び両親が助けてくれた。今は感謝しているし、しょっちゅう電話でおしゃべり(笑)

菓子パンを食べた時、お母さんは喜んでくれたんですね。ミカンさんのこと、いつも考えてくれてる。すごい。
時折町で、ベビーカーを押している女性を見ます。重たいし、寒い風が吹いていますね。でもなぜ彼女はできるんでしょうか。
その赤ちゃんを、愛しているんですよね。

今度お母さんと、一緒に食事を作りたい、と言ってみたらいかがですか?
勉強の一休みにもなるし。
ダシからとったり、餃子をつつんだり、時間のかかるものだと運動にもなります。
(私は高校の時は好きなことしてばかりで、全く手伝いませんでした。母から習えばよかったなぁ〜)
(PC等)


[00249]Re:つらい 返信 削除
投稿者:しー
投稿日時:2019/02/15 16:29:46

はじめまして。私も何年も前から悩みが残っています。
が、少しずつ自分を認め始めました。
読んでいて思ったのですが、「将来の夢」を持つことは、すごく素敵です。
綺麗でいたいから、食べるものを選ぶのはいいことなのでは?
健康でいるための料理を勉強するのは大切です。
私は30を越え、親が70になりました。これから年をとる親の面倒も見ていきたいと思っています。
私が痩せすぎたとき、助けてくれたのは彼らだから。体のストレッチ教室に通ってます。料理教室もたまに参加してます。
最初は外に出るの、怖かったです。でも通い続けると少しおしゃべりするようになって、今では楽しみになっています。

食べ過ぎた、つらい、泣きたい日ももちろんまだあります。
でも、未来がくると信じて生きてます。
昔ある日、駅で障害のある子達が手作りのクッキーを売っていました。彼らは何も言わずに真剣に働いていました。
そのクッキー、とても美味しかった。

(PC等)


[00248]長く、辛い摂食障害 返信 削除
投稿者:ミカン
投稿日時:2019/02/13 22:55:04

私は中学2年生の時のダイエットをキッカケに拒食症になりました。
原因はストレスでした。同性の友達から告白され、どう断ったらいいかわからずはぐらかしてしまい、そのままハグされたり、キスされたりを拒めずにいました。
もちろん友達にも親にも相談できず、その友達を突き放すことも出来ませんでした。
そんな時、ダイエットを始めることになりました。
最初は2段だったお弁当を1段に変えただけでした。
母親も思春期なのだと思っていたようで、反対されませんでした。
元々、ギリギリ標準体重だった私の体重は知らない間に簡単に減りました。
でも、体重が減るより食べることを我慢出来る私って偉いという感覚にハマりました。
そこから私はお弁当のお米を食べなくなりました。
中学3年になる頃には身長155cmで体重は40キロを切ろうとしていました。
さすがに身体測定で引っかかり、母親にも注意されました。
でも、私は食べる量を減らし続けました。
朝は普通に食べますが、昼は野菜を少し食べるだけ、必ず100kcalに抑えていました。
夜は家族で食べるので、野菜などは時間をかけて食べ、揚げ物とご飯は口の中に詰め込み、食器を台所に持っていくふりをして、テッシュペーパーに出し、生ゴミに捨てていました。
体重は減り続けましたが、受験があるということで、両親も先生も余計なストレスを与えないように「食べろ」とはいいませんでした。
冬休み明けの体重測定で29キロだとわかり、さすがに病院に連れていかれました。
生理も止まっていたし、本来なら入院するレベルでしたが、受験があるのでと、普通に学校に行っていました。
病院ではカロリーの高い飲みものを貰いました。
でも、私は飲まずに台所に流しました。
この時の私は普通ではありませんでした。
他人にどう思われようがどうでもよかったし、友達とも遊ばなくなりました。
痩せてることが全てでした。
普通に戻ったら、私には何も無い気がしたから。
空っぽな自分にある唯一のものが痩せた体だと思っていました。
それを失うことを極度に恐れていました。

高校生になってからも病院に行き続け、少しづつ体重を増やしました。
受験が終わり、親に「食べろ」と言われることが多くなりました。
高校では友達が出来ず、孤立していました。
それがどんどんストレスになり、ある時ドーナツをドカ食いしました。
するとそれを見た母親がとても喜びました。
次の日、体重を測ったら1キロも増えていませんでした。
私は過食にハマりました。
過食する前に必ずカロリミットを飲み、馬鹿みたいに食べるようになりました。
今まで怖くて食べれなかった炭水化物、揚げ物、ケーキを吐きそうになるまで食べました。
そのうち、何かを暴食しないと落ち着かなくなりました。
でも、家族は沢山食べる私を褒めました。
私は勘違いしました。
暴食したら褒められるんだと。
少し、怖かった部分もありました。
こんなに食べちゃうなんて私の体はおかしいんじゃないかと。
気づけば病院に行かなくてもいいぐらい体重は増えました。
過食はやめられず、高校2年生の夏には60キロを超えました。
私は怖くて、やめなきゃと思いました。
でも、18歳になった今でもやめられません。体重は増えるばかりです。
周りと比べたり、自分の体を見る度泣きたくなります。
悪いのは自分なのに、どうしたらいいのか全然わからなくて苦しいです。
痩せなきゃと焦れば焦るほど、また過食してしまいます。
親に言いたいのに、言えなくて、どんどん自分が嫌いになります。

中学生の時どうしてダイエットなんかしてしまったんだろうと、今すごく後悔しています。
(PC等)


[00247]つらい 返信 削除
投稿者:はるか
投稿日時:2019/01/17 17:24:21


学生の頃から周りの環境に女性が多くいつも周りと比べてばかりいました。
最初は痩せることばかり考え、将来の夢に近づくために
痩せること綺麗になることから食べ物を食べてる自分が
醜いと思うようになり、食べ物を食べることが怖くなりました。
就職活動をはじめ、書類すら通らない中、周りはみんな夢を叶えていきました。
いままで我慢してきた反動から食欲が止まらず食べては吐いての繰り返しになり
体重は13キロ増えました。
将来の夢に向かう気持ちもなくなりましたが、親や友人には打ち明けられず、
努力して絶対夢を叶えら偽っています。
毎日消えたい、外に出たくない、みられたくない
最近では友人に会うのも怖く、引きこもり、食べては吐く日々を送っています。
つらいです。苦しいです。
(PC等)


[00246]苦しいです。 返信 削除
投稿者:あきえ
投稿日時:2019/01/01 23:51:01

大学生になって一人暮らしを始めてから、食費を節約しようと思って食べる量を減らすようになり、体重が10キロ近く減りました。
帰省した時にそれが親にばれて、一人暮らしを続けたいのなら今までやっていたバイトをやめて自分は変わるんだという誠意を見せなさい、と言われました。
でなければもう家から出さないと。でも、私は食べるのが怖いわけじゃないんです。ただお金が減って親の仕送りを使わなければならなくなるのが申し訳なくて仕方がないんです。
だからバイトを辞めてしまうと心の余裕がなくなって余計に辛くなるだけなのに、親にそれを言ってても決して聞き入れてはくれません。
「誰のせい?全部あんたが悪いんでしょ。もう病気なんだから信用できない。」と言われました。
悪いのは全部私なのはわかっています。でも私がとんでもない罪を犯して、そのためにペナルティを科されたようで本当に辛いです。
なんで私はこんな風になってしまったのでしょうか。
(PC等)


[00245]過食症11年目です 返信 削除
投稿者:むぎ
投稿日時:2018/10/14 22:24:33

以前スマホに書き留めていたものです。


もう元の自分には戻れない
戻るのを諦めているんじゃない
戻るスピードと進むスピードが違うんだ
いくら戻ろうと努力しても
進むスピードの方が早くて
現状を保つことさえできないの

焦らずにっていうけれど
それじゃあ進行を止められないの
どんどん落ちていくだけなの

なんとかなるっていうけれど
それじゃあ何も変わらないの
さらに悪くなるだけなの

どうにかなるっていうことは
元気な人がいうことなの

同じような人がいたならば
どうにかなるよなんて言わないよ
どうにかなるなんて言えないよ

命を絶つ勇気はないけれど
このまま生き続けたならば
自然と命尽きる前に
いつか自ら絶つだろう

未来が見えない
負の循環から抜け出すことは
もうできません

ふつうを装うことはできるけど
自分に嘘をつけばつくほどに
自ら心をすり減らす

昔の自分を知っているから
いつか元に戻れるはずと
根拠もないのに思ってる

少しの努力もできぬほど
力を出すことができぬくせに

生きたいと思うほどに
死にたいと思うんだ

助けてほしいと思うけど
頼った瞬間に終わりを告げる

元の自分には戻れぬのだと
諦めるということなんだ

人生が何度も再スタートできるなら
こんなに迷うことはないのに

人生が一度しかないから
今この瞬間が一度しかないから

一度助けを求めることは
長い時間を失うことだ

長い時間を失ってでも
治したいと思うけど

この世の中は一度道を踏み外せば
レッテルを貼られ
治った時には
また生きにくいと思うだろう

一度心が壊れたら
人生が終わったと同じなのだ

それを分かっているからこそ
死ぬほど辛くても
何の為に生きているのか分からなくなっても
助けを求めることができないのだ

それならば死ねばいいのに
死ぬことさえできないんだ

私はもう一人では起き上がることが
できません

信じてはないけれど
助けてください
神様

信じていないものに頼るほど


何度も再スタートしようとも
根本が治癒していなければ
同じことの繰り返し

今まで光が見えていたのに
もう暗闇しか見えなくなりました


今また辛い状況です。
もう大人なのに、、どうしてこんなに治らないんでしょうね。
(PC等)


[00244]摂食障害ホープジャパン 活動再開のお知らせ(2018.1.1) 返信 削除
投稿者:摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝<edhopejapan@gmail.com>
投稿日時:2018/01/17 09:37:38

いつも温かなご支援を賜り、誠にありがとうございます。

おまたせいたしました、「摂食障害ホープジャパン」が活動を再開しました。
今後の活動については、ホームページ(www.edrecoveryjapan.com)をぜひご覧ください。
メールマガジンご希望の方は、ホームページからお申込みいただけます。

*本掲示板は更新せず、投稿へのお返事もしておりませんのでご了承ください。
 最新の情報は、ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツイッターをご覧ください。

摂食障害ホープジャパン
 ホームページ   http://www.edrecoveryjapan.com
 ブログ      https://ameblo.jp/edrecoveryjapan/
 フェイスブック  https://www.facebook.com/EatingdisorderLosAngeles/
 ツイッター    https://twitter.com/EDhopejapan(@EDhopejapan)
 
今後ともご支援とご協力を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日
摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝
(PC等)


[00241]摂食障害ホープジャパンより重要なお知らせ(2016.10.1) 返信 削除
投稿者:摂食障害ホープジャパン
投稿日時:2016/10/01 10:18:51

いつも温かなご支援を賜り、誠にありがとうございます。

2014年に産声をあげた「摂食障害ホープジャパン」は、これまでにアメリカの摂食障害専門治療施設を視察するUCLA摂食障害スタディツアーや講演会、掲示板やSNSなどを通じて、摂食障害治療・支援に関する情報提供を続けてまいりました。

しかしながら、このたび勤務先であるアメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)メディカルセンターより突如大きなプロジェクトに関わるよう命じられ、しばらくの間、身動きがとれなくなってしまうことになりました。

苦渋の選択ではございますが、新しいプロジェクトを通して自分自身が摂食障害についてより深く学べる大きなチャンスでもあります。

よって、せっかく楽しみにしてくださっている皆さまには誠に申し訳ないのですが「摂食障害ホープジャパン」の活動を一時休止させていただきます。この大きな仕事が終わりましたらまた活動を再開する予定です。

活動休止中の間、メールマガジンの配信と掲示板へのコメントは休止しますが、掲示板はそのままご覧いただけますので、今までの投稿をお読みいただくことは可能となります。

時間の関係上、Twitter、Facebookへの投稿は不定期になってしまうと思います。まったく投稿できないかもしれません。メールへのご返信も大幅に遅れる可能性がございますがどうぞご了承くださいませ。

活動を再開する際にはみなさまにご案内させていただきます。皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。今後ともご支援とご協力を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

2016年10月1日

摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝

※各種お問合せや今後の活動につきましては、広報担当:EAT119 林利香(Eメール info@eat119.com)までご連絡ください。
(PC等)
    次ページ

home