ご本人掲示板

[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


表示件数
[00245]過食症11年目です 返信 削除
投稿者:むぎ
投稿日時:2018/10/14 22:24:33

以前スマホに書き留めていたものです。


もう元の自分には戻れない
戻るのを諦めているんじゃない
戻るスピードと進むスピードが違うんだ
いくら戻ろうと努力しても
進むスピードの方が早くて
現状を保つことさえできないの

焦らずにっていうけれど
それじゃあ進行を止められないの
どんどん落ちていくだけなの

なんとかなるっていうけれど
それじゃあ何も変わらないの
さらに悪くなるだけなの

どうにかなるっていうことは
元気な人がいうことなの

同じような人がいたならば
どうにかなるよなんて言わないよ
どうにかなるなんて言えないよ

命を絶つ勇気はないけれど
このまま生き続けたならば
自然と命尽きる前に
いつか自ら絶つだろう

未来が見えない
負の循環から抜け出すことは
もうできません

ふつうを装うことはできるけど
自分に嘘をつけばつくほどに
自ら心をすり減らす

昔の自分を知っているから
いつか元に戻れるはずと
根拠もないのに思ってる

少しの努力もできぬほど
力を出すことができぬくせに

生きたいと思うほどに
死にたいと思うんだ

助けてほしいと思うけど
頼った瞬間に終わりを告げる

元の自分には戻れぬのだと
諦めるということなんだ

人生が何度も再スタートできるなら
こんなに迷うことはないのに

人生が一度しかないから
今この瞬間が一度しかないから

一度助けを求めることは
長い時間を失うことだ

長い時間を失ってでも
治したいと思うけど

この世の中は一度道を踏み外せば
レッテルを貼られ
治った時には
また生きにくいと思うだろう

一度心が壊れたら
人生が終わったと同じなのだ

それを分かっているからこそ
死ぬほど辛くても
何の為に生きているのか分からなくなっても
助けを求めることができないのだ

それならば死ねばいいのに
死ぬことさえできないんだ

私はもう一人では起き上がることが
できません

信じてはないけれど
助けてください
神様

信じていないものに頼るほど


何度も再スタートしようとも
根本が治癒していなければ
同じことの繰り返し

今まで光が見えていたのに
もう暗闇しか見えなくなりました


今また辛い状況です。
もう大人なのに、、どうしてこんなに治らないんでしょうね。
(PC等)


[00244]摂食障害ホープジャパン 活動再開のお知らせ(2018.1.1) 返信 削除
投稿者:摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝<edhopejapan@gmail.com>
投稿日時:2018/01/17 09:37:38

いつも温かなご支援を賜り、誠にありがとうございます。

おまたせいたしました、「摂食障害ホープジャパン」が活動を再開しました。
今後の活動については、ホームページ(www.edrecoveryjapan.com)をぜひご覧ください。
メールマガジンご希望の方は、ホームページからお申込みいただけます。

*本掲示板は更新せず、投稿へのお返事もしておりませんのでご了承ください。
 最新の情報は、ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツイッターをご覧ください。

摂食障害ホープジャパン
 ホームページ   http://www.edrecoveryjapan.com
 ブログ      https://ameblo.jp/edrecoveryjapan/
 フェイスブック  https://www.facebook.com/EatingdisorderLosAngeles/
 ツイッター    https://twitter.com/EDhopejapan(@EDhopejapan)
 
今後ともご支援とご協力を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日
摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝
(PC等)


[00241]摂食障害ホープジャパンより重要なお知らせ(2016.10.1) 返信 削除
投稿者:摂食障害ホープジャパン
投稿日時:2016/10/01 10:18:51

いつも温かなご支援を賜り、誠にありがとうございます。

2014年に産声をあげた「摂食障害ホープジャパン」は、これまでにアメリカの摂食障害専門治療施設を視察するUCLA摂食障害スタディツアーや講演会、掲示板やSNSなどを通じて、摂食障害治療・支援に関する情報提供を続けてまいりました。

しかしながら、このたび勤務先であるアメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)メディカルセンターより突如大きなプロジェクトに関わるよう命じられ、しばらくの間、身動きがとれなくなってしまうことになりました。

苦渋の選択ではございますが、新しいプロジェクトを通して自分自身が摂食障害についてより深く学べる大きなチャンスでもあります。

よって、せっかく楽しみにしてくださっている皆さまには誠に申し訳ないのですが「摂食障害ホープジャパン」の活動を一時休止させていただきます。この大きな仕事が終わりましたらまた活動を再開する予定です。

活動休止中の間、メールマガジンの配信と掲示板へのコメントは休止しますが、掲示板はそのままご覧いただけますので、今までの投稿をお読みいただくことは可能となります。

時間の関係上、Twitter、Facebookへの投稿は不定期になってしまうと思います。まったく投稿できないかもしれません。メールへのご返信も大幅に遅れる可能性がございますがどうぞご了承くださいませ。

活動を再開する際にはみなさまにご案内させていただきます。皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。今後ともご支援とご協力を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

2016年10月1日

摂食障害ホープジャパン 代表 安田真佐枝

※各種お問合せや今後の活動につきましては、広報担当:EAT119 林利香(Eメール info@eat119.com)までご連絡ください。
(PC等)


[00240]Re:減量中なのに過食症 返信 削除
投稿者:摂食障害ホープジャパン
投稿日時:2016/10/01 10:18:19

あゆさん

はじめまして。
摂食障害ホープジャパン 広報担当で掲示板を管理しております林利香と申します。
このコメントをご覧になりましたら、info@eat119.comまで直接ご連絡いただけますでしょうか。
(投稿時のメールアドレスが確認できず、お手数をおかけして申し訳ありません)
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

林利香

> はじめまして。あゆと申します。投稿失礼します。
> 私は大学生の女で、一昨年の12月頃から過食症になりました。
> 一時期は嘔吐や下剤を使用したりしていましたが、今は過食のみです。今は嘔吐や下剤は時々です。
> 過食の原因は、親の干渉や虐待によるストレスだと思います。カウンセリングに
> 通ったりしていますが、過食症が治りません...。体重も10キロ以上増えました。
> 私は階級制のスポーツをしていて、11月の頭に、とても大切な試合があります。
> そのため今は減量中です。過食症で太りすぎて10キロ近く落とさなくてはなりません。
> でも、過食してしまいます。
> 過食症はいつ治るのでしょうか?過食症が治らなくても、とにかく痩せないと試合に出られません。

> 身近に過食症を本当に理解してくれる人がいません。
> 過食して、自己嫌悪して、過食して...の繰り返しです。体重も減りません...。
> 辛くて、孤独で、このままだと自分が壊れてしまう気がします。

> とにかく痩せられる方法を教えてほしいです。
(PC等)


[00239]減量中なのに過食症 返信 削除
投稿者:あゆ
投稿日時:2016/09/30 11:27:01

はじめまして。あゆと申します。投稿失礼します。
私は大学生の女で、一昨年の12月頃から過食症になりました。
一時期は嘔吐や下剤を使用したりしていましたが、今は過食のみです。今は嘔吐や下剤は時々です。
過食の原因は、親の干渉や虐待によるストレスだと思います。カウンセリングに
通ったりしていますが、過食症が治りません...。体重も10キロ以上増えました。
私は階級制のスポーツをしていて、11月の頭に、とても大切な試合があります。
そのため今は減量中です。過食症で太りすぎて10キロ近く落とさなくてはなりません。
でも、過食してしまいます。
過食症はいつ治るのでしょうか?過食症が治らなくても、とにかく痩せないと試合に出られません。

身近に過食症を本当に理解してくれる人がいません。
過食して、自己嫌悪して、過食して...の繰り返しです。体重も減りません...。
辛くて、孤独で、このままだと自分が壊れてしまう気がします。

とにかく痩せられる方法を教えてほしいです。
(PC等)


[00238]ご無沙汰しております。 返信 削除
投稿者:檸檬
投稿日時:2016/09/29 14:37:05

安田さん、こんにちは。
前回の投稿から早いもので半年以上が経過しました。辺りはすっかり秋の空気に包まれていて、産まれたばかりのように感じていた子供ももうすぐ2歳を迎えます。

安田さんから頂いたアドバイスを骨身に沁みる思いで何度も拝見しているのですが、そこからのお返事が出来ないまま一方的な遣り取りになってしまっていること、大変心苦しく思っています。いつも助けて頂き、本当に感謝しております。

前回は自信をつけるために資格を取ろうと躍起になって、結局過食の波に飲まれてしまったという話をしました。

あれから『8つの秘訣』を読了し、自分の胸の内をこんなにも明らかにしてくれた本に出逢えたのは初めて!と感激しました。何より、摂食障害が完全に克服出来ると知って希望が湧きました。わたしも頑張ろうと前向きになりました。ただ、ありのままの自分を認めることはどうしても出来ず、どうしたら自分を認められるか考えると、やはり痩せなければいけないと思ってしまいます。

安田さんが仰る通り、子供や主人から必要とされるだけで、本来は十分な筈なのですよね。
そもそも条件付きで自分を愛そうという思考が間違っているから、頭でやろうとすることに対して体が過食という形で全力で拒否しているのかな…と思うのですが、ありのままの自分を愛するというところで躓いては、前に進めない日々です。

マインドフルネスの本を読んでみようかなとか、自分の心と体を繋げるためにヨガやピラティスを習ってみようかとか、それよりもまずはしっかりカウンセリングを受けるべきかなとか、色々と考えながら同時に過食をしているという状態で、すごく矛盾していますね…。

これからまた少しずつ、今までのことを振り返ってみようと思います。
また投稿させてくださいね。


(PC等)


[00237]Re:過食になるのでしょうか? 返信 削除
投稿者:安田
投稿日時:2016/09/12 10:36:47

タコさん、すみません、お返事が非常に遅くなりました。申し訳ありませんでした。言い訳になりますが、日本の学会に行ったり、こちらの仕事が忙しかったりと、申し訳ありませんでした。

その後いかがですか? ご主人はいらっしゃるのでしょうか? 転勤でしょうか? 

ご自分の気持ち、寂しい、孤独という気持ちに気付いていらっしゃるんですね。そして子育て、しかもまだ2か月の赤ちゃんの面倒をみるというのは、本当に大変なことだと思います。イライラしたり、ご自分の気持ちを持て余したりすることは、よくあることです。

どなたか、相談できる方はいらっしゃいますか? 食べる代わりに、電話でおしゃべりをする、日記にじっくりと、自分の思いを書いてみる、どこか母親学級なりをさがして、どなたかお友達を探す、あるいは、保健所などに相談して、タコさんの大変さを聞いてもらう。そんなことはできるでしょうか?

また赤ちゃんをおいて、ご主人なり、どなたかに預けて、一人だけの時間を持つことはできるでしょうか? 今まで自分の好きだったことをする時間もないかもしれませんが、あえて、それをしてみるとか、何か気分転換になることはあるでしょうか?

お腹が空いていないのに、食べたくなるというのは、明らかに、タコさんの心が空っぽなんです。満たしてほしがっているのです。2か月では、赤ちゃんも話し相手になりませんし、タコさん、おひとりですべて抱え込んでいませんか? もしもご実家がゆっくりできるなら、少しそこへ帰るという手もあるでしょうし、まずは、大きく深呼吸をして、ああ、自分はこの土地で、頑張りすぎて、疲れ果てているんだな、と認めてあげることはできるでしょうか?

タコさんの心からのSOSのメッセージだと思います。食べ物は一時的には、その空虚感やストレスを発散してくれるけれど、長期的解決にはなりません。

いかがでしょうか? 何か心を休めてあげることはできるでしょうか??


> 生まれ育った町から、違う土地に引っ越し、ただいま子育て中。
> お昼や深夜にお菓子、ラーメン、お米、冷凍食品、など手っ取り早く食べれるものを片っ端から大量に食べてしまいます。
> 一人で孤独、寂しいという感情と、なぜかわからないイライラ、地元に帰りたい、という気持ちがいっぱいで、どうすればイライラや過食が治まるのかわかりません。
> こどもはまだ2ヶ月なので、この時期はそのようなものなのでしょうか?

> 摂食障害とは違うのかもしれませんが、引っ越してからの食欲(気持ち悪くなるまで食べつづける)が、どうやってもおさまらず、食べた後が苦しくつらいです。

(PC等)


[00234]過食になるのでしょうか? 返信 削除
投稿者:タコ
投稿日時:2016/08/16 04:19:52

生まれ育った町から、違う土地に引っ越し、ただいま子育て中。
お昼や深夜にお菓子、ラーメン、お米、冷凍食品、など手っ取り早く食べれるものを片っ端から大量に食べてしまいます。
一人で孤独、寂しいという感情と、なぜかわからないイライラ、地元に帰りたい、という気持ちがいっぱいで、どうすればイライラや過食が治まるのかわかりません。
こどもはまだ2ヶ月なので、この時期はそのようなものなのでしょうか?

摂食障害とは違うのかもしれませんが、引っ越してからの食欲(気持ち悪くなるまで食べつづける)が、どうやってもおさまらず、食べた後が苦しくつらいです。

(PC等)


[00233]Re:怪獣さんへ 返信 削除
投稿者:安田
投稿日時:2016/06/28 22:12:15

マキさん、素敵なお返事をどうもありがとうございます。怪獣さんがまたこのサイトをご覧になっていらっしゃるかどうかわかりませんが、マキさんの気持ちが少しは届くといいなあと思っています。

でも、怪獣さん、渦中にいる時には、なかなかなかなか気づけないものです。その今の気持ちをそのまま吐き出せる場所が必要です。体型や食べ物の形で出てきている裏には、違う原因があるのです。自分への自信のなさ、自分への落胆、自分が甘えすぎている、そういう思うのは、多くの場合、自分の期待が高かったり、周囲に合わせてようとして今まで生きてきていたり、なんらかのいままでのやり方が、今の怪獣さんの生き方に会わなくなってきている、心がSOSを出している、このままじゃ、怪獣さんの心がダメになってしまう、というメッセージなのです。
食事だけの問題のように思うけど、摂食障害って、もっともっと複雑です。やせ願望、食事、過食、拒食は、表にでている症状。それに対処することはもちろん大事なんですが、その根本に気付いていくこと、自分を今までの自分の閉じ込めてきたからから破って、自由にしてあげること、考え方を、少しだけでも変えてみること、見方を変えてみること、そんなことも同時に必要になるのです。

怪獣さんは、もう十分に苦しんでいらっしゃいます。甘えでもなく、自分がダメなのでもなく、心からのSOS、何らかに心が対処して欲しがっていると思ってみましょう。そして、今、何が不満なのか、何がうまくいっていないのか、自分の何に満足していないのか、他人と比べた時に、自分はどこが劣っていると思うのか。

それを「体型」とは離したところで、考えてみてください。これはとても難しいことです。簡単にはわからないこともたくさんあります。でも体型や過食は、表に出ている症状、本当の今の自分は何を感じているんだろう、何を思っているんだろう、ということに、意図的に注意してみてください。ノートに書き出してもいいし、ここに投稿してくれてもいいですし・・。

過食すること、ダイエットに失敗すること、それは、怪獣さんがダメだから、意思が弱いから、甘えているから、ではない!!!!!!ということを、少しでも聞き入れてもらえるでしょうか? 

そんなこと言ったって、、、という反応は良くわかります。でもどこか心の片隅にでも置いておいていただけたら、と思っています。
またマキさん、あるいは他の方でも、コメントがあれば、お寄せ下さいね。よろしくお願いいたします。





> 怪獣さんの苦しい胸の内を読んで、過去の自分を思い出し思わず投稿してしまいました。

> 私も怪獣さんと同じ位の年齢で過食症を発症し、自分に自信がなくて積極的になれないのはこの体型のせいだと信じ込み摂食障害にのめり込んで行きました。
> その後過食嘔吐を繰り返し体重は減り続けましたが、いつしか体重は30キロ台になり自信を持つどころか日々の過食嘔吐のせいで積極的に外に出る気力も体力もなくなりました。
> 気付いた時には友人とも疎遠になり、恋人も失い、仕事も続けられなくなっていました。

> 「痩せさえすれば全てが上手くいくはず。幸せになれるはず。」と10年以上信じて疑わなかったけれど、どうやらその思い込みは間違っていたと認めざるを得なくなり愕然としました。
> 「私は痩せるために友人も恋人も家族も仕事も犠牲にして、そして10年以上の歳月も費やしてきたのに!幸せになれないなんてそんなひどいことがある!?」って。
> でも、痩せた時期に出来た恋人に対しては、最初は上手くいっても、そのうち「彼は私が痩せているから好きなのかもしれない。きっとそうだわ。じゃ、私が太ったらきっと嫌いになるに決まってる。」と相手を疑い、ますます痩せる事にこだわるようになり、最後には彼が自分に痩せている状態を強いているように感じ苦しくなり自分から別れを切り出す…の繰り返しでした。
> 決して彼は私に痩せる事を強いていたわけではないのに、この病気が私の思考をおかしくしていたのだと思います。
> だから相手の男性が変わっても、いつもいつも結果は同じでした。
> でも、当時の私は恋人と続かないのは自分の体型のせいだと思い、「もっと痩せれば素敵な恋愛が出来る」と信じていました。
> 恋愛に限らず、友人関係も何もかも「上手くいかないのは自分の体型のせい。痩せれば上手くいくはず。」と思っていましたが、結局痩せても上手くいったことは何もありませんでした。
> 一瞬上手くいってる感覚になることはあっても、結局は「痩せていなくては」という強迫観念のようなものが自分を苦しめ上手くいかなくなりました。

> 今、苦しみの真っただ中にいる怪獣さんにはどういう事だかピンとこないかもしれません。
> ただ、怪獣さんより20歳近く年上の摂食障害経験者のおばさんの言う事に少しでも耳を傾けてくれるなら…と思い書いています。

> 自分自身に「痩せる事。痩せている事。」を強いなくなったら食欲の暴走は少しずつ落ち着きました。
> すると、体型も本来の自分自身の体型という物になり、モデルのような細い体型にはならないけれど、人から後ろ指を指されるような肥満体型にもなりませんでした。
> 特にダイエットしていなくても「健康的」といわれる「標準体型」です。
> そして、「本来の自分自身の体型」を受け入れられるようになると、心も大らかになりちゃんと恋愛も出来ます。
> 自分の見た目を好きなのか、自分という人間を愛してくれる相手なのか見極めよう思い始めます。
> すると、ちゃんと後者の「自分という人間を愛してくれる相手」を選ぶようになります。

> 私も随分遠回りをして、みんなが恋愛を楽しむであろう若い時期には良い恋愛関係を築けず「おばさん」になってしまいましたが、今は心穏やかに恋愛をしています。
> 時折、自分のお腹や太もものお肉が気になりますが、それでも「痩せなくちゃ」とは思わず、その代わりにこういう完璧なプロポーションでなくても大事にしてくれる相手に感謝の気持ちと大きな愛情を感じます。

> 怪獣さんもいつかは「痩せれば全てが上手くいくはず」という信念が、事実とは異なるという現実を目の当たりにする日が来るかもしれません。
> その事実は大変受け入れがたいものでしょうし、受け入れるのも時間がかかると思います。
> でも、一度受け入れると覚悟を決め、前進し始めれば、受け入れる過程での苦しさの先には本当に豊かな世界が広がっています。

> だから、どうか諦めないで。摂食障害を克服する事を諦めないで欲しい。
> 怪獣さんはまだまだお若いから、これから先の長い人生を「痩せることに全てを費やす人生」にしないで欲しい。
> 本来の自分の体型を受け入れ、多くの人と繋がり、素敵な恋愛をして欲しい。
> 本当にそう願っています。

> 長文になってしまいましたが、怪獣さんの回復を陰ながら応援しています。

(PC等)


[00232]怪獣さんへ 返信 削除
投稿者:マキ
投稿日時:2016/06/25 22:59:11

怪獣さんの苦しい胸の内を読んで、過去の自分を思い出し思わず投稿してしまいました。

私も怪獣さんと同じ位の年齢で過食症を発症し、自分に自信がなくて積極的になれないのはこの体型のせいだと信じ込み摂食障害にのめり込んで行きました。
その後過食嘔吐を繰り返し体重は減り続けましたが、いつしか体重は30キロ台になり自信を持つどころか日々の過食嘔吐のせいで積極的に外に出る気力も体力もなくなりました。
気付いた時には友人とも疎遠になり、恋人も失い、仕事も続けられなくなっていました。

「痩せさえすれば全てが上手くいくはず。幸せになれるはず。」と10年以上信じて疑わなかったけれど、どうやらその思い込みは間違っていたと認めざるを得なくなり愕然としました。
「私は痩せるために友人も恋人も家族も仕事も犠牲にして、そして10年以上の歳月も費やしてきたのに!幸せになれないなんてそんなひどいことがある!?」って。
でも、痩せた時期に出来た恋人に対しては、最初は上手くいっても、そのうち「彼は私が痩せているから好きなのかもしれない。きっとそうだわ。じゃ、私が太ったらきっと嫌いになるに決まってる。」と相手を疑い、ますます痩せる事にこだわるようになり、最後には彼が自分に痩せている状態を強いているように感じ苦しくなり自分から別れを切り出す…の繰り返しでした。
決して彼は私に痩せる事を強いていたわけではないのに、この病気が私の思考をおかしくしていたのだと思います。
だから相手の男性が変わっても、いつもいつも結果は同じでした。
でも、当時の私は恋人と続かないのは自分の体型のせいだと思い、「もっと痩せれば素敵な恋愛が出来る」と信じていました。
恋愛に限らず、友人関係も何もかも「上手くいかないのは自分の体型のせい。痩せれば上手くいくはず。」と思っていましたが、結局痩せても上手くいったことは何もありませんでした。
一瞬上手くいってる感覚になることはあっても、結局は「痩せていなくては」という強迫観念のようなものが自分を苦しめ上手くいかなくなりました。

今、苦しみの真っただ中にいる怪獣さんにはどういう事だかピンとこないかもしれません。
ただ、怪獣さんより20歳近く年上の摂食障害経験者のおばさんの言う事に少しでも耳を傾けてくれるなら…と思い書いています。

自分自身に「痩せる事。痩せている事。」を強いなくなったら食欲の暴走は少しずつ落ち着きました。
すると、体型も本来の自分自身の体型という物になり、モデルのような細い体型にはならないけれど、人から後ろ指を指されるような肥満体型にもなりませんでした。
特にダイエットしていなくても「健康的」といわれる「標準体型」です。
そして、「本来の自分自身の体型」を受け入れられるようになると、心も大らかになりちゃんと恋愛も出来ます。
自分の見た目を好きなのか、自分という人間を愛してくれる相手なのか見極めよう思い始めます。
すると、ちゃんと後者の「自分という人間を愛してくれる相手」を選ぶようになります。

私も随分遠回りをして、みんなが恋愛を楽しむであろう若い時期には良い恋愛関係を築けず「おばさん」になってしまいましたが、今は心穏やかに恋愛をしています。
時折、自分のお腹や太もものお肉が気になりますが、それでも「痩せなくちゃ」とは思わず、その代わりにこういう完璧なプロポーションでなくても大事にしてくれる相手に感謝の気持ちと大きな愛情を感じます。

怪獣さんもいつかは「痩せれば全てが上手くいくはず」という信念が、事実とは異なるという現実を目の当たりにする日が来るかもしれません。
その事実は大変受け入れがたいものでしょうし、受け入れるのも時間がかかると思います。
でも、一度受け入れると覚悟を決め、前進し始めれば、受け入れる過程での苦しさの先には本当に豊かな世界が広がっています。

だから、どうか諦めないで。摂食障害を克服する事を諦めないで欲しい。
怪獣さんはまだまだお若いから、これから先の長い人生を「痩せることに全てを費やす人生」にしないで欲しい。
本来の自分の体型を受け入れ、多くの人と繋がり、素敵な恋愛をして欲しい。
本当にそう願っています。

長文になってしまいましたが、怪獣さんの回復を陰ながら応援しています。

(PC等)
    次ページ

home